忍者ブログ
Admin / Write / Res
サクッとできる元気を出す方法のお話です。


元気が出ない、というのは心の状態ですが、心の状態というのは普段思っている以上に体のあり方と連動しています。


たとえば、被験者に背筋をピンと伸ばすことを実践させただけで、決断力や自信がアップしたという実験結果もあります。


心の状態を変えたければ、体の状態から変えてみるというのも一つの手です。体の動きや姿勢は自由意志である程度動かせますからね。


その上で、元気を出すために役立つと私が感じる方法は「胸を開く」運動です。肺がおさまっている胸をゆったりと開き肺が空気を取り入れやすくすることで、呼吸が深く楽にできるようになります。すると気分も軽くなり、やる気や元気が出てきます。


胸を開く方法は次の通りです。


まず、肩甲骨を背中の中心に寄せるイメージで動かしながら胸を張ってみます。


また、背泳ぎをするときの腕の動きを真似して左右の腕を片方ずつ回してみる方法もあります。


すぅーっと息を深く吸って自然に胸が開いていく感じをつかみ、その状態をキープするという方法もあります。


姿勢や呼吸を変えると不思議と気分も変わってくるものなので、試してみてください。


PR
元気がないときは無理に元気な状態になろうとしないで元気が出るまで待つのです。


待つことが苦手な人でも「待てばいつか元気が出る」と信じて待ってみましょう。


人間はどん底まで落ちるとそこから浮き上がるしかないのです。

いつまでもどん底にいてもがいていることなんてありません。


誰だって試練があるし自分の運命は変えられません・・・。どんな偉大な人もたくさんの試練がありそれをなんとか乗り越えて偉人になっています。

平々凡々と暮らして偉大な人物になった人はいませんよね・・・。


「苦労しているのは自分だけではない」「大変なのはみんな一緒だ」と考えて元気になっていく自分を待ってみましょう。待てば必ず元気になった自分と出会えます。

仕事で失敗してしまったり、悲しい出来事に遭ったりするなど、何らかのきっかけで精神的に落ち込んでしまうことがあります。


それは自然の生理的反応ですが、そのままだとやる気や意欲がそがれてしまいます。


そこで落ち込みから抜け出し、元気を出す方法について、本人ができることを2点紹介したいと思います。 


まず、よく眠ることです。睡眠不足はストレスに対する適応能力が低下し、うつ状態になりやすいです。


つまり、精神安定を阻害してしまいます。落ち込んでいるときには、あれこれ思い詰めてしまうことが多いです。


しかし就寝の際にはそのようなことを意識せずに、寝ることだけに集中しましょう。ぐっすり眠れば気分がスッキリします。


次に、心を安定にすることです。


何かをしているときに気分がいいというのは、人それぞれあると思います。


そのようなときに心は安定状態になりやすいです。休日に趣味を楽しむのもいいですし、自然と触れ合うのもいいでしょう。


つまり、自分がやってみたいことを見つけることが重要です。


中には自分には趣味がないという人もいるでしょう。


そのようなときにはただテレビを見たり、本を読んだりするなど、気分の落ち込みから少しでも離れるようにします。


現在では精神的に落ち込んでしまうきっかけとなることが昔と比べて多いです。ですから、このような元気を出す方法を頭にとどめておくことが必要となります。


精神的に落ち込んでしまったときには、ぜひ試してみてください。


そして、精神的ではなくて体調を崩してしまうような事が
あったら⇒この方法を試してみてください。


体の中から元気になると思います^^


フリーエリア
人気ブログランキング ブログズーム ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

Copyright (c)元気を出す方法について All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]